色合わせ
 
 


石同士の相性は、カラーページ下にある「○○について」を参照してください。

色あわせですが、天然石の色には大きく分けて「透明」と「不透明」があります。

A 組み合わせに迷ったときは、「透明」は透明同士、「不透明」は不透明同士を組み合わせるのが無難です。(質感を合わせるのです)

B 「透明」「不透明」を合わせるときは、淡水パールを組み合わせるとバランスが取れます。
淡水パールは石の色に合わせるか、(肌の色に合うように)ベージュ・茶・金茶と合わせます。

C どうしても合わないときは、天然石は一種類だけにして、ガラスビーズ またはシルバービーズで色合わせをすると合わせやすいです。(さらに、合うようなら淡水パールをあわせてみる)

 ガラスビーズは、メタリックなものとサンドカラーが使いやすいです。
(ただし、赤いサンゴと真っ黒なオニキス・ブラックトルマリンには ノーマルの黒・赤のガラスビーズがおすすめ)
 ぴかぴかしたシルバービーズは、合わないようなら銀古美処理をすると合わせやすくなります。



 色の組み合わせは、「12色相環」で、隣など近いものとあわせるほど無難な組合せになります。







色バランスでお勧めの組み合わせ

インカローズとクリソコラ
インカローズとアメジスト
ペリドットとフローライト(グリーン系・パープル系)
コハクは、色の違うコハク同士(ライトとダーク、チェリー)

レインボーストーン・ラプラドライトなど、「光を楽しむ」ものは 「石の種類を一種類で」使うのがお勧め


ビーズレシピTOP




ALEXANDRITE