石座(フレーム・枠)にカボション

付きの石は、市販の「石座」にハマります♪



 「カボション」といえば、天然石。 というのは過去の話かも?
 最近はスワロフスキー・合成キャッツアイのカボションが出ていて、カボション用の石座(フレーム)が出回るようになりました。


 ということは、逆に、
スワロフスキー用のフレームに、天然石をはめてみては?

 穴が開いている石座は、2つ穴のビーズと同じ感覚で使えます。

 市販の石座は、金色・銀色・金古美・銀古美 と 色も豊富で、迷ってしまいます。
 (シルバー925のフレームは数が少なくて、いまだ仕入れられず。フレームに穴が開いているものも少ないし)

石座にラベンダーアメジストを乗せると、こんな感じ。
 テグスで2連で編んだだけで、スティーブン・デュエックのブレスレットのよう♪


 さながらアラビアンナイトの世界ですね(笑)
(左から)グリーンガーネット モルガナイト ピンクオパール サンストーン 琥珀 アパタイト アクアマリン ラピスラズリ インカローズ
 ↑石座に天然石を乗せた状態。
  接着剤を使うものと、ツメで留めるものがあります。
  珍しい「ドロップ枠」にも、ぴったり合う石を仕入れてます-^-^-


 以前はガラスの入ったワクを壊して、天然石をはめたりしていたのに。
 市販の石座が増えて、ほんとに便利になりました♪


 石座&石を購入する際は、サイズをお確かめの上ご購入ください。
 裏が平らな石は、石座がついてない装飾的な金属パーツ(菊座など)に、そのまま接着して使うものいいですね♪


 石と石座には0.5〜1mm程度の誤差はありますが、実際に石を乗せてみて、違和感のないものには、「市販フレームにフィットするよマークをつけています。


規格外の石を石座にはめたい

 たとえば、10*8の楕円「ツメで止めるタイプ」の石座であれば、

 10+8=18
 18/2=9
 ということで、9mmの丸いカボションもはまるそうです。

 聞いた話なのですべてに当てはまるかわかりませんが、どうしても合う石座がない場合はおためしあれ♪



写真の石座 店舗で買いましたが、ネットでも販売されています。
  貴和製作所(金具→石座)
  パーツクラブ(石座 で検索)
  ビーズマニア(カボション/カメオ→台座)

オーバルカボション 
ラウンドカボション 
ドロップカボション 

ビーズレシピTOP
画像は、「」よりお借りしました♪




ALEXANDRITE