かんざしの挿し方
 
 かんざしは、2本のものは、ゴムなどで髪を結ったあとに飾りとして使いますよね?

 1本のお箸のようなかんざしで、(もちろん飾りとして使えますが)ゴムもピンも使わずに、かんざし一本だけで綺麗にまとめる方法を教えてもらいました。


 まず、低めのポニーテールみたいに、髪を束ねて時計方向(右側)にツイストします。

 ツイストした束を垂直に左手で持ち上げて、根元から4cmくらい離れたところに、右手でぐさっと上からかんざしの尖った部分を刺します。↓
   


 ツイストした束を左に持ち上げ、かんざしに巻きつけるようにして髪の束を回転させます。



 ↓かんざしの飾り部分を浮かせるようにして、尖った部分を左上方向から根元(髪の束でなく、頭側の髪の毛 ★の位置)に刺します。


  ←できあがり♪
 きつくツイストするのがコツですが、あまりきつくすると痛いです。


 一本のかんざしパーツは、貴和さんでは短めの樹脂製が、宏和産業さんでは細めの金属製のものが売っていました。
 ビーズマニアさんでは金属製で、がっちりした長めのものが売ってありました。

 金属のものは、金古美色と銀古美色を買ってみました。
 棒の部分がざらざらして気になるかも?ざらざらしていたときは、市販の紙やすりで縦方向にやすって、ざらつきを取って使うのが良いと思います。
(傷になるのでやすりは細かめのものがおすすめ)


ビーズレシピTOP





ALEXANDRITE