レザーコード(革ひも)の始末 (2006/10/21 作成)

 革ひも(レザーコード)、最後の「始末」はどうしていますか?

 一般的にはリボン留め金具や ヒモ留め金具、カツラを使います。
 でも、シルバー925では そういった「便利なパーツ」がなかなか揃いません。

 革ひものサイズに合わせて揃えないといけないし。
 けっこう「留め金具」ってナヤミドコロなんですよね。シルバーは革に似合うのに、いつも悔しい思いをしています。

 ←ウラ
 写真は3.5mmの太さのレザーコード。
 5mmの丸カンを使っています。(写真のシルバーパーツシはいぶして黒っぽくして使っています。)

↓これを使って止めました。
今回仕入れた「樽」ビーズ。
 穴の直径が1.5mmとわりあい大きめ。

 何の変哲もない無骨なビーズなのですが、切れ目があって、開くと「板」状になります。

 完全に開かないで、少しだけ広げて牛の革ひもを通し、平やっとこで折り曲げると、ちょうどいい強度でしっかりと革ひもを押さえてくれます。牛の革だったら、いい感じに食い込むので、接着剤いらずでしっかり止まります。






 太さにも寄りますが、1.5mmから5mmくらいの皮紐・コードに使えると思います。
 レザーコードの両端は、同じ処理で引き輪&アジャスターをつけてもいいし、リボン状に長くして 首の後ろで結んでもいいと思います。 

シルバーパーツ

ビーズレシピTOP




ALEXANDRITE