ねじりどめって? (2004/10/10 作成)


本などで勉強したわけでなく、当店のアイデアで、「ねじりどめ」という名前も勝手につけてます。
上のカンになる部分、めがねどめはワイヤーが一本、ねじりどめは2本使います。

シルバーワイヤーは0.3mm使用。


 ドロップなどは、たいていが上部横穴。カットをなるべく隠さないように横穴になっています。上部横穴は普通にテグスを通しても安定しやすく、そのままピアスに使えて便利です。
 無理に力を入れて、石を割らないように注意しましょう。
                


石の穴が小さいとき
穴がまっすぐに開いていないとき
少し技巧を凝らしたいとき
            便利な方法です。


 使用しているのは、
 シトリン6花弁花上部横穴12*6mm(石 と呼びます)
 シルバー925ワイヤー0.3mm※(ワイヤー と呼びます)
 丸やっとこ 平やっとこ くいきり(毛抜きのような形のワイヤー切り) です。



1 ワイヤーを左石に通して、3cmくらい出します。上に持ち上げるようにして、石を回して捻ります。手で捻りにくいときは、平やっとこを使います。
  (あんまりぎちぎちにすると、穴部分が欠けます。石の上部分は、少し余裕を持ってあけてください)


2 捻ったところを丸やっとこで曲げ、手前に持ってきます。短いほうの端は、輪の付け根から2mm位残して切り落とします。


3 輪の部分を丸やっとこでつまんで右手で持ちます。残った長いほうを左手でつまんで、クロスした部分に型を整えながら巻きつけていきます。3度くらい形良く巻いて、最後は下のほうで切ります。切った部分は丸やっとこで少し押して引っかからないように処理します。
 巻きつけが楽しくても巻きすぎないようにしましょう。


このままピアスにしてもかわいい♪
大きめの石だと、バッグチャームやワインマーカーにも使えそうです。




※柔らかい0.3mmのシルバー925ワイヤーを使っています。
 固くて曲げにくい・巻きにくい時は なまします。

 ワイヤーの硬さ・柔らかさについてはこちら


  純銀クロッシェ用のソフトタイプ純銀線「シルビヤン」だと切れにくくて比較的簡単です。

 ステンレスなど硬いワイヤーを使うと、石が負けて割れることがありますので、やわらかいワイヤーを使うようにして下さい。


ビーズレシピTOP




ALEXANDRITE