正面穴の使い方 (2004/11/24 作成)

 せっかくのきれいな天然石なのに、表の目立つ位置に穴が開いていることがあります。上部正面穴 と書いてあるタイプです。
 これは、そのままカンをつけるか、Aカンをつけるほかにワイヤーでピアスにするのがおすすめです。



ワイヤーで まるごと ピアスにしてしまう
 太目のワイヤー(シルバー925や18金など、アレルギーの起こりにくいもの)を渦巻状に曲げて、石を通してからジプシータイプのピアスにする方法です。
 シルビヤンだと柔らかすぎるので、普通の硬いワイヤーを少しずつ曲げていきましょう。無理に力を入れて、石を割らないように注意しましょう。         
    

 ワイヤー曲げは一見難しそうに思えますが、最初丸やっとこの太い部分で大きく曲げてから、細い部分で2度曲げすると、小さな輪も簡単に作れます。
 私が作るときは0.5mmの太さのワイヤーを4.5mmくらい※にカットして、片端をやすり(なければツメきりのやすりでもOK)で削ってから使います。ワイヤーは、なまさず、硬いまま使ったほうがいいと思います。


用意するもの ワイヤー ペンチ 丸やっとこ 見本用のジプシーピアス

 1 まず、片方の端を全体的に大きく丸めてから、先を丸めて閉じます。



 2 石を通します。



 3 石の少し上の部分をやわらかい直角に曲げ、耳の厚みくらいの長さをあけてからもう一度曲げます。



 4 ジプシータイプのピアスのように、反対側の端から少し離れたところを折り曲げます。残りのワイヤーはカットして、端をやすりでなめらかにします。
   平やっとこで全体の形を整えて、完成。
  
                  
 石を通してからは、市販のジプシータイプのピアスをお手本にまねして形作ってみてください。ステンレスなどの安い金属で試し、上手になってから本番に移るのが安心です。

※石の厚みや穴の位置によってワイヤーの長さが変わるので、「何cmの長さで作って」という具体的な数値は出せないのです。4.5mmは多分長すぎるのでカットしてください。




「上部正面穴用」パーツ
も使えます。



ブルートパーズ
アメジスト
チェーン・パーツ
(完売の時もあります)


ビーズレシピTOP